パソコンを長持ちさせるために

定期的なお手入れを行う

今やパソコンはどこの家庭にもある生活必需品になっています。ただ、毎日のように使ってはいても一回もお手入れしたことが無い人も多いのではないでしょうか。そのような場合は、実際中身を見たら埃が至る所にたまっていることと思います。勿論パソコンは精密機械ですから、埃には非常に弱いです。埃がたまったまま放置してしまうと故障の原因となりますので、定期的にメンテナンスを行ってあげるのがオススメです。メンテナンスと言っても難しいことはありません。特に専門的な用具は必要なく、どこの家庭にもある綿棒やティッシュ、掃除機等を使って行うメンテナンスで充分です。またドライバーでネジを外したり、コネクタを差し込んだりと言ったことが出来るくらいの技術があれば大丈夫です。

優しくお手入れをしてあげる

パソコンは小さな部品も多く、非常にデリケートな機械です。間違っても力任せに擦ったりしてはいけません。まずはケースを外すだけで大量の汚れや埃が目につくと思います。これらを掃除機で吸い取ったり、ティッシュで拭いて綺麗にしていきます。この時、基盤の部分に埃がついていたら、掃除機で少し離したところから吸い込むのがポイントです。基盤にガシガシ掃除機を当ててしまうと故障の恐れがありますので注意が必要です。また、手の届かない場所はエアスプレーなどで埃を吹き飛ばしてあげると良いです。エアスプレーが無い場合は、息を優しく吹きかけてあげれば大丈夫です。慣れないうちは、この目に見える範囲だけを掃除してあげるだけでも充分です。本当は細かい機器も外して掃除を行った方が良いのですが、次回以降に徐々に行って行った方が安全です。